歯医者

歯科ドクターが教える健康的かつ美しくする治療|タレコミニュース

見た目が決まる詰め物

歯科

八潮の歯科では、虫歯や歯周病治療を行なっています。虫歯治療のときに歯に詰め物をされることが多くありますが、あれはインレーと言われます。このインレーや虫歯のある歯を削ってインレーなどの詰め物をします。インレーなどの詰め物は、虫歯の大きさなどによって変わり、大きくなると詰め物ではなくかぶせものになります。

八潮の歯科で行なわれている治療では、いろいろなインレーや詰め物をします。一般的なのが銀歯と言われる金属のインレーです。最近では、プラスチックで作られているものやセラミックで作られているレジンなどいろいろな種類があります。
また、詰め物には保険対象外のものもあり、ゴールドインレーやハイブリッドインレーなどがあります。

インレーなどの詰め物をするときには、見た目を気にする人もいます。口を開けたときに見えるインレーは保険対象外の方が歯と全く区別することができない種類もあります。銀歯のように詰め物が目立つことがないので綺麗な歯をしていると見られるでしょう。

虫歯の治療をするときには八潮の歯科医と相談して決めましょう。何もなければ一般的な金属やコンポジットレジンを詰めることになるでしょう。このときにどんな詰め物がいいのかわからないときは八潮の歯科医に相談するとサンプルや症例などを写真で見せてくれるでしょう。そういったサンプルを参考にして詰め物を決めることができます。また、保険対象とされているものが良いという人はしっかりと相談しましょう。そうすることで納得の行くインレーを詰めることができるでしょう。